薄毛が止まらない

人気記事ランキング

ホーム > マッサージ > 「不眠」にきくツボマッサージ

「不眠」にきくツボマッサージ

眠いんに眠れなくてなんやかイライラしはる…、早う布団に入っても寝つきが悪い…、寝ても眠りが浅い…、みなはんはこないな症状に悩んやことはあらしまへんか。

もともと「眠れへん」といった症状はストレスやらなんやらん緊張により交感神経が副交感神経より優位な状態におます為、神経が高ぶり脳も興奮しいやいます。

また「眠れへん」といった気持ちが、不眠に対しはる思いを更にきつきつさせてないないすることで、逆にストレスを感じ悪循環に陥りやすいのどす。

一晩、二晩…ちゅうことであれば特に問題はへんんかもしれまへんが、やはりねることで脳や体を休めとるさかい、でけるやけ寝入りもしちもええ睡眠を取りたおすどすやろ。

今回はそん「不眠」を快適な睡眠に導く為んツボをいくつかご紹介しまひょ。

まず、ストレスさかいくる不安やちょいどしたイライラな気持ちを安定させてくれへんツボとしいや「やん中(やんちゅう)」と「神門(しんもん)」があります。

こん「やん中(やんちゅう)」は、両乳首を結んや線と胸骨が交差しはる位置をツボとし、また「神門(しんもん)」は、手んひらを開き、手首関節ん横じわと小指ん延長線が交差しはる位置にあります。これらんツボをマッサージしはることにより、緊張どした神経を和らげ、脳ん興奮も和らぐでっしゃろ。

ほんで次に睡眠時ん眠りを深くさせる「百会(ひゃくえ)」と「失眠(しつみん)」があります。まず、「百会(ひゃくえ)」は頭ん頭頂部に位置し、「失眠(しつみん)」はあいやん裏、かかとんほぼ中央にありますが、「失眠(しつみん)」ん場合はあいやん裏がこわい為、指でマッサージしはるよりペンや専用ん棒やらなんやらでマッサージをしはるとええでっしゃろ。

「不眠」は、ストレス以外かて日頃ん運動不あいややテレビやゲームによって脳を覚醒させてしもておることもそん原因ん一つといえる為、睡眠1時間前は照明ん明るさを落とどしたり、気分が和むような音楽やアロマにふれたりとツボんマッサージとあわせて行うとよりええ効果が得られへんでっしゃろ。

都内で働くセラピスト兼オーナーブログ